ブログを移転しました
    つぶやき
    ブログランキング
    ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
    にほんブログ村
    110

    105日目 日本国道最高地点(2172m)


    我が人生では一二を争う過酷な日でした…



    10月27日。10月最終週始まりの日。
    長野県上田市から草津温泉までの険しい道程。
    私頑張ります!


    まず、日が変わってまだ2時間程しか立っていない深夜。
    僕は自動車のアイドリングの音で目が覚めました。今夜は温かい。
    こんな時間に目が覚めることなんて滅多にない…


    朝5時半、夜明け前、白菜炒めを作る


    米は今日もいい調子、今日のは95点くらいあげてもいい


    僕は心に決めていました。


    一つは草津温泉に今日中に行くということ。


    そのルートには大きく分けて選択肢が2つ。

    ①最短ルートで草津温泉まで
    スクリーンショット 2014-10-31 19.45.37

    標高推移想定
    スクリーンショット 2014-10-31 19.47.29
    標高500のスタートから1600米を峠とし1000米の草津温泉へ


    ②日本国道最高点渋峠経由で草津温泉へ
    スクリーンショット 2014-10-31 19.57.57

    標高推移想定
    スクリーンショット 2014-10-31 19.58.11
    標高500のスタートから300まで一旦下り

    そこから2100米まで登坂、1000米の草津温泉へ




    楽なのは、どう考えても①です。

    というか②はゲロマズです。無茶です。さすがに。

    だけど、朝早く、あまりにも早い時間に覚醒したんです。






    やりましょう。



    迷ったら険しい道を選べば大体正解 by きったん



    朝霧の中、山田さんとお別れの記念撮影



    1000米級の峠を越えるのも、これで3日連続です。
    しかも今日のはとんでもないボスです。日本一の国道です。



    まずは下り


    霧がまだまだ晴れません7時半


    長野市に入りました

    標高は500から350まで下がりました


    千曲川沿いを下り


    気づけば徐々にギアが重くなってきた…


    上昇…登坂です



    登坂の入り口、須坂のコンビニで補給食を

    この地点で走行距離は50kオーバー

    額面上は後50k走ればゴールの草津温泉


    余裕に感じました。全然いけるんじゃね?って。



    登坂開始、高山村へ入村




    1900米登るので今日は一日登坂です


    日も出ており、この地点では暑さすら感じる


    少しづつ服を脱いで行き、半袖半パンでペダルを回す



    順調…に感じます、登坂が楽しいです


    登坂に連れて紅葉も進みます
















    この辺りで地図見て気づいたんですけど…

    渋峠へ直通の国道ではなく、
    県道66号線でずっと登り標高2000米近いところで国道に降りる。。


    国道に比べ県道の方が傾斜きついところ多いからな…心配だ…



    ここまで来たらひたすらペダルを回すのみ




    落ち葉を車が吹き飛ばす!

    見てると結構落ち葉の舞い方が面白い


    風で舞う

    この辺りは紅葉も終わり目なのかな?


    11時半、そろそろ休憩したい頃合い


    11時44分、ちょうどいいところに足湯があったのでお昼休憩しよう


    差し入れにいただいたみかんと


    かきと


    ぶどうと


    この辺りはすでに標高800くらい、山の中の温泉街ですね


    12時半、出発


    紅葉が本気出してきた


    すごい観光客がいるポイントあり


    この滝を見に来てるみたい









    どうしても腹が減ったので食べる


    山菜おこわときのこ汁

    この辺りでも割と声をかけられる。

    話をしていて、楽しいんだけどあまりゆっくりしていると日が暮れてしまう…



    この辺り、この手前くらいかな

    ずっと斜度10%の登りが続いてます、数キロww

    斜度書いてないけど、


    5キロ先の標高が500米高いんすよ…ナニコレ

    標高1200米まで来たか、13時半



    今の時期はこれくらいの標高が一番紅葉きれいだな




    この辺りから深刻な、霧雨問題が発生


    精神力の消耗度加速と、体温の低下を招く…



    紅葉はきれいだけど、この辺りから余裕がなくなってきた

    なんたって斜度がずっと10%ですよ、どこまで続くねんこれ…




    標高1400米

    山田牧場は1キロ先、標高1500米地点



    1キロがこんなに…遠い




    しかももやがかかってくる


    試されている、今自分は試されている…


    とか言い聞かせているww



    14時50分


    どこかに立ち寄る精神的余裕などない

    時間的余裕も一切ない、一刻も早く山頂へ着かなければ…



    15時半


    もはや紅葉などない

    標高はどこまで来たのだろう、止まると寒い…



    15時50分


    16時7分

    ここでカントリーサイン?下るのかもしや?



    通常だと、自転車乗りに取って下り坂は喜ばしいもの。


    だけど今のこの状況だと全く違う。


    だって下るということは、それ以上にまた登るということ。


    国道最高地点はここより高いはずだから。


    目的地の標高はわかっているのだから、一回登ったところを降ろされるのは、きつい…









    し か も 



    寒すぎるんです。





    外界で半袖半パンだった数時間前は嘘のよう。

    今はジャージ2枚重ね、上4枚下2枚、靴下2重のフル装備。



    下りで一番きついのは、寒さでした。

    それは身体が凍える寒さというよりは、

    手足が効かなくなる、感覚が痛覚のみに支配される状態。




    こんな霧の中、急斜面をくだるんです。

    ブレーキを使わないわけにはいきません。

    だけどブレーキなんか凍ってるんです。

    ブレーキレバーが凍ってるように冷たいのもそうですが

    ワイヤーが凍ってるのか、ブレーキがあんまり効かない…




    だから常にブレーキ効かせてゆっくりくだるしかない。


    そうすると手がやられる。手先をブレーキレバーで…冷やされる…





    16時半、それでも下りきった先は、国道292号。この果てが渋峠。





    この先、当然霧が晴れることはなく、それどころか暗くなるわけです。

    17時を過ぎた地点で、日は暮れるんです。ナイトランですよ。標高2000米で。



    ここまでだとは、想定してなかった…



    ライトは点けますよ


    点けたライトで何が見えるのか

    センターラインが見えるか。見えないか。



    峠はどこまで続いているかわからない。

    ガードレールがあるのかさえもわからない。

    霧雨はあられになって、僕の頬と手袋を襲う。

    心なしか路面が凍結しているように見える。




    こんなところで俺は一体何をしているんだ?



    バカなの?死ぬの?



    今なら笑えるけどこの時はほんと泣きたかった。

    立ち止まって休憩すると強風&あられで速攻凍える。

    というか動いていても寒い。



    山頂に着いたところで絶景なんて拝めるわけがない。

    霧だし暗闇だし、そもそも寒すぎるし。

    何のために登るのか。何のためにペダルを回すのか。



    でも僕は諦めはしなかった。諦めは悪かった。

    一つ、今までの成功体験全てがアシストしてくれていた。

    あの時名古屋まで歩いたじゃないか、あの秘境だってきつかった。

    過酷な環境で、無理だと言われたことをやってきた。




    なのにここで諦めるのか?ここが限界なのか?



    ここで諦めるっていうことは、前のチャレンジよりも

    この渋峠の方がきつかったってことを、いとも簡単に認めることになるんだ。

    それでいいのか?





    じ ゃ あ あ の 時 の 努 力 は 何 だ っ た ん だ ?





    今までずっと本気で生きてきた。大変つらいこともたくさんあった。

    あの時の苦労に対して失礼である。ここで諦めるということは、失礼だ。

    かつて自分が死ぬ気で頑張った努力に対しても、応援してくれた人に対しても。




    そう考えると、ナイトランだろうが雪だろうが、まだ諦めるにはぬるかった。





    17時55分


    日本国道最高地点、渋峠制覇



    現在の気温、マイナス2度。。。

    しかも霧あられだから、体感はもっと寒いんじゃないか…

    夕方18時ですでに2度って…つくづく標高のちからを感じる。




    国道最高地点の牌なんて、そんなの。もう、いいwwwww



    とにかく、寒かった。止まると寒い。身体を動かし続けたい。


    ここから標高差1000米を下る…



    そこから下山中、下山時間にして30分程度です

    くだりははやい、ホントに一瞬です、登りに比べると



    ここには書けないようなトラブルがありました。



    下山先、草津温泉で暖かいスープをいただく


    この男が、僕を待ってくれていた…晩飯を作って、温めてくれた…


    写真の男しょうみんは、岐阜の中津川で別れてから愛知、静岡、山梨、諏訪、上田ときて、
    草津温泉に来たらしい。渋ではなく地蔵峠を超えてきたとか…


    この時、この場所で再会できるのは事前の打ち合わせ通り。


    過酷なチャレンジの傍らで支えてくれた。彼に敬意の拍手を送りたい。


    日本一周ブログ村のランキングに登録しています。
    下の、「日本一周自転車」のバナーをクリックいただくと
    ポイントが入り、ランキングが上昇する仕組みになっています。

    面白いと思ったらで結構です。ポチッとお願いします(=´▽`=)
    にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
    にほんブログ村





    関連記事
    2

    Comment

    1. taji

      taji

      2014-11-01 (Sat) 14:43

      グットフレンドだね!しょうみん。

      僕も、九州のやまなみハイウェイで寒さで挫折を経験しているんでいうけれども、これからの高原は本当にシャレにならない事態になりかねないので、気をつけてね。
    2. きったん

      きったん

      2014-11-05 (Wed) 23:38

      いやー渋峠はちょと危険なレベルでした…

      これからの季節は平地でも寒いっすからね…

      十分万全の状態で無理しすぎず頑張りまっす!

    Comment Form

    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    Return to Pagetop